お口のトラブルを未然に防ぐために

虫歯や歯周病にかかったら、早めに適切な治療を受けることが大切です。しかし、虫歯や歯周病は再発しやすい病気で、治療をくり返してしまうリスクがついてまわります。できればトラブルの発生は、未然に防ぎたいものです。

予防歯科では、虫歯や歯周病の原因を分析し、発症を予防する診療を行います。ご自身での日々のケアと、歯科医院での予防処置をきちんと行い、大切な歯を守っていきましょう。

当院の予防歯科への取り組み

当院では、患者さんのお口の健康を守るために、次のことに取り組んでいます。

歯科衛生士が常駐しています

当院では口腔内トラブルを予防する専門家である歯科衛生士を常駐させています。常に、患者さんのお口を守る、適切な予防処置が行える体制をとっております。

定期検診で、治療後の健康なお口をキープしましょう

治療後はその健康な状態を少しでも長持ちさせたいもの。当院では定期検診において、虫歯や歯周病の治療、また審美歯科治療など、その内容を問わず、治療後のよい状態をキープさせるために定期的に適切な処置を行います。

予防歯科のメリット

【メリット1】お口のトラブルが未然に防げる

予防処置を定期的に受けることで、虫歯や歯周病の発症を予防できます。

【メリット2】治療の負担を軽減

治療には、痛みや費用、時間などの負担がついてまわります。治療自体が不要になることで、それらの負担が軽減されます。

【メリット3】お口をクリーンな状態に維持できる

お口の中が常にすっきりし、口臭も予防できます。美容院に行く感覚で、クリニックに通われる患者さんも増えています。

当院の予防歯科の処置

ブラッシング指導
ブラッシング指導 虫歯や歯周病を予防するには、毎日の正しいブラッシングがとても重要です。しかし、自己流のブラッシングではどうしてもクセが出てしまうもの。歯科医院で、自分自身に合った正しい方法を身につけ、口腔内の健康を守りましょう。
PMTC

専用の器具を使った歯のクリーニング「PMTC」。毎日のブラッシングだけではどうしても残ってしまう汚れを、徹底的に取り除きます。定期的に行うことで、虫歯や歯周病だけでなく、歯の着色や口臭なども予防することができます。
咬み合わせチェック
咬み合わせが乱れていると、正しいブラッシングが行えなくなり、虫歯や歯周病の発症を招いてしまいます。また、顎にかかる力のバランスがくずれ、顎関節症や肩こりなど、さまざまな悪影響を生むこともあるため、咬み合わせのチェックを定期的に行います。
生活習慣の指導
お口の健康には、生活習慣が大きく関わってきます。食事や喫煙、またセルフケアのタイミングなど、さまざまな習慣を見直し、口腔内環境を改善するための指導を行います。 生活習慣の指導

定期検診のススメ

従来歯科医院とは、痛みなどの症状が出てから行く場所とされてきました。しかし歯の病気は風邪などと違い、一度症状が出てしまったら二度と元通りになることはありません。そのため近年、症状が出る前からの定期的な歯科検診の重要性が少しずつ広まっています。定期検診は、ご自身の歯の健康を守るためにとても有効なものなのです。

定期検診のメリット

【メリット1】トラブルの発症を防ぐ

定期的に口腔内をチェックすることで、トラブルの発症要因を取り除くことができます。

【メリット2】早期発見・早期治療が可能

もしトラブルが見つかっても、早期に発見できるため、治療も簡単に済みます。

【メリット3】治療後の健康な状態の維持

治療した部位の定期的なメインテナンスが行えることで、治療後のよい状態が長く保てます。

治療をした直後は、お口のケアに意識がいくものですが、それは徐々に薄れ、おざなりになってしまう傾向があります。ケアの大切さを忘れない意味でも、定期検診はとても重要なのです。当院では、患者さん一人ひとりの口腔内の状態によって1~6ヶ月ごとなど、定期検診の間隔を設定し、ご案内しております。ご自身の歯のために、定期検診には積極的に通うようにしましょう。

~セルフケア・プロケアの両立が重要な理由~

お口の健康とは、ご自宅でのセルフケア、また歯科医院でのプロケアのどちらか一方だけでは守ることはできません。その二つの両立が、重要なカギになります。

ご自身によるケアはとても大切なものですが、日々のケアで落とせる汚れには限界があります。それを落とし、適切なメインテナンスを行うのがプロの務めです。
しかしながら、プロは患者さんのお口の状態を、毎日把握することはできません。それをできるかぎり管理しケアするのが、患者さん自身の務めなのです。

セルフケアとプロケア、そのどちらも両立させていくには、やはり患者さん自身の予防の意識が欠かせません。どうすることが一番いいのかを私たちとしっかり話し合い、協力してお口の健康を守っていきましょう。