失くした歯を補う、入れ歯治療

歯を失ってしまったときに、その機能を補う治療としてとても身近なものが「入れ歯」です。入れ歯には、総入れ歯と部分入れ歯があり、失った歯の本数をに関係なくつくることが可能です。初めて入れ歯をつくられる方はもちろん、現在お使いの入れ歯にご不満がある方も、入れ歯について何かありましたら、お気軽に当院にご相談ください。

【論デンタルオフィスの入れ歯に対する考え方】

今日、入れ歯はさまざまな種類のものが開発されています。保険が適用できるものから、自費診療になるものまで、素材や様式には選択肢がさまざまです。当院では保険診療・自費診療を問わず、患者さんの口腔内の状況やご予算などのご希望をしっかり伺ったうえで、適した入れ歯をご提案します。一緒に快適な入れ歯をつくっていきましょう。

入れ歯のメリット・デメリット

どんなものにもメリット・デメリットがあるように、入れ歯にもメリット・デメリットがあります。入れ歯をつくる際には、あらかじめその両方をしっかり理解しておきましょう。

メリット
  • 治療費が抑えられる(素材によっては、保険診療が可能)
  • 手術が不要
  • 治療期間が短い
  • 取り外しが可能で、お手入れや修理がしやすい
  • 歯を削る必要がない
デメリット
  • 装着感や発音など、慣れるのに時間が多少かかる
  • 部分入れ歯のバネが見えるなど、比較的見た目に劣る場合がある
  • 部分入れ歯のバネが、健康な歯に負担をかける
  • 咬む力が弱い場合がある
保険の入れ歯と自費の入れ歯

保険の入れ歯と自費の入れ歯のおもな違いは、素材や様式の選択肢です。それによって次のような違いが生まれます。

  保険の入れ歯 自費の入れ歯
人工歯 素材がレジンにかぎられるため、色の調整はできない 残っている健康な歯の色や透明感に合わせて、つくることができる
樹脂製にかぎられるため、厚みがあり、装着に違和感がある 素材が金属などから選べ、薄くつくれる。金属は熱伝導率が高く、食べ物の温度や味覚が伝わりやすい
装置 部分入れ歯のバネなどが見えることがある バネのないものなど、目立たないものがつくれる
装着感 多少ある 比較的少ない
咬み心地 食べ物によっては、咬みにくい物もある よりよい咬み心地が追求できる
強度 多少劣る 優れている

当院の入れ歯治療

レジン床義歯
レジン床義歯 床部分が樹脂でできている、保険適用が可能なオーソドックスなタイプの入れ歯です。装着感や味覚などの面で、多少劣る部分もありますが、修理がしやすいというメリットもあります。
ノンクラスプデンチャー
部分入れ歯にあった、バネが目立つというデメリットを解消するために、バネ(クラスプ)をなくした入れ歯です。見た目に優れているだけでなく、歯ぐき部分に弾力があり、フィット感も快適です。 ノンクラスプデンチャー
金属床義歯
金属床義歯 床部分が金属でできた入れ歯。レジン床義歯に比べかなり薄くすることが可能なため、装着の違和感が軽減でき、会話もしやすくなります。また金属は熱伝導率が高く、食事の温度や味覚も伝わりやすい点が大きなメリットです。